東北大震災あとの安寧を祈りて〜

0

    JUGEMテーマ:ヴァイオリン

     

    〜ヴァイオリン弾きであります私は〜

    音で愛の祈りを大事にしています。

    母の末期ガン(余命宣告)を根菜食で回復してもらい。
    命とは、、
    祈りで
    ガンも克服できると実感

    その命への慈しみを全国にお届けしたく
    〜百寺音巡礼〜の発願です。

    岩沼からスタート
    今は51のお寺様を巡礼させて頂きました。

    今年から
    神様へも
    愛の祈りを
    と思いました。

    皆様の愛を頂き実現させて頂きます
    しかも被災の日にです。

    東北の皆様のお心へ
    宇宙の神様、仏様、御霊様の願いを音に。

    大好きな方が青葉神社様へ
    繋いでくださいました

    音を大事に紡ぎます

     

    3月11日東日本大震災慰霊の日に、仙台で「百寺音巡礼」の開催のお知らせです。

    東京在住の、~仏教をこよなく愛するバイオリニスト~
    原田薫さん(僧名 香雲薫風)が、仙台の青葉神社拝殿にて、
    東日本大震災で甚大な被害を受けた伊達藩領内の御霊に向け
    鎮魂の音巡礼を奉納されます。

    原田さんは、東日本大震災が起きる2年前に百寺音巡礼を始められ、ご奉納のスタートは岩沼の寺院「鷹硯寺」でした。   
    現岩沼市議会議員の布田 えみ (Emi Fuda)さんがお繋ぎされたと伺っています。

    原田薫さんは、現在まで寺院のみならずさまざまな場所で、そこに降る音霊をヴァイオリンの音色に乗せて奏でてきました。

    今年、伊達政宗(昨年生誕450年祭)と共に青葉神社に祀られている愛姫さまの生誕450年です。
    これは不思議な巡り合わせを感じずに居れません。

    音巡礼のスタートが「岩沼」だったという奇遇です。
    それは、伊達政宗の孫の時代に存在した《岩沼藩三万石》が生れたのは、愛姫の遺言によるものだったという歴史が有るからです。

    【…岩沼藩を開いたのは誰か?なんと、かの政宗の孫、宗良(むねよし)。政宗の正室愛姫(めごひめ)の遺言により、田村家を再興した人です。岩沼で殿様といえば?・・・古内氏ですね。その古内氏の治世の間にわずか20年あまりですが、田村氏による『岩沼藩三万石』の時代がありました。…岩沼市HPより抜粋】

    原田薫さんの音巡礼が岩沼で始まり、今年、愛姫が祀られている青葉神社に奉納される。

    東日本大震災が起きてから今年8年目となる、3月11日。
    みなさまそれぞれの鎮魂の場をご予定されていらっしゃることと存じますが、
    奉納の場にご臨席されたい方がいらしたら、ぜひご一緒いたしませんか。
    当日、女流カメラマンのChie Shimuraさんが撮影に入ります。

    お氣軽に小濱までご一報ください。

    青葉神社に8時50分にご集合できる方で、10時までご臨席可能な、小濱と御知り合いの方、ご連絡お待ちしています。

    青葉神社 http://www.aoba-jinja.com/
    原田薫  http://kaoru-japan.net/06_sound/

     

    小濱裕美さんfacebookより


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.24 Monday
      • -
      • 20:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク